更新!      

エスカレータ

を更新しました

2016/12/30

ずっとずっと先の未来。

未来人は気づかぬうちに、ある島に迷い込んでいた。

 

その島の街には誰もいない。

 

しかし一見廃墟になった街には、

 

学校、住居、お店、公園、娯楽施設、などなど

 

当時(現在)最新の、

生活に必要なものが全てそろっており、

 

幽霊のような存在になった

たくさんの作家の作品や営みが

 

孤独に楽しく、時に集まったり離れたりしながら暮らしていた。

 

 

未来人にとって、そのような存在が見えるのは当たり前の事だった。

 

 

街を見物していく未来人は

そこで色んなものに出会ったり遊んだりするだろう。

 

 

街は日々更新され、拡大縮小を続けていく。

 

 

 

 

 

眼圧の高まり、

瞳が溶ける、

喉を熱い何かが通る、

粉砕される表現主義、

あなたとパープルーム。

『恋せよ乙女!

パープルーム大学と梅津庸一の構想画』

特設ページはコチラ

会期

2017年6月1日-18日

休館日: 月曜日

開館時間

11 時~20 時(毎週水曜日は 21 時まで延長)

入館料

大人 1,000円 / 学生 (25歳以下) 800円 / 小・中学生 500円 / 70歳以上 700円

ペア券: 大人2人 1,600円 /

学生2人 1,200円

主催/会場

ワタリウム美術館

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3-7-6

Tel:03-3402-3001

Fax:03-3405-7714

 

 

小林椋

鋤柄ふくみ

予定と卵

坂本夏子

フナイタケヒコ

三瀬夏之介

泰平

宮下大輔
urauny
平山昌尚

3回目のゲルゲル祭

qp

梅津庸一

超エッチ+

小宮麻吏奈

リスカちゃん

荒木悠

村田冬実

KOURYOU


パープルーム予備校生:

安藤裕美
アラン
智輝

 

 

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得