更新!      

エスカレータ

を更新しました

2016/12/30

ずっとずっと先の未来。

未来人は気づかぬうちに、ある島に迷い込んでいた。

 

その島の街には誰もいない。

 

しかし一見廃墟になった街には、

 

学校、住居、お店、公園、娯楽施設、などなど

 

当時(現在)最新の、

生活に必要なものが全てそろっており、

 

幽霊のような存在になった

たくさんの作家の作品や営みが

 

孤独に楽しく、時に集まったり離れたりしながら暮らしていた。

 

 

未来人にとって、そのような存在が見えるのは当たり前の事だった。

 

 

街を見物していく未来人は

そこで色んなものに出会ったり遊んだりするだろう。

 

 

街は日々更新され、拡大縮小を続けていく。

 

 

 

 

 

眼圧の高まり、

瞳が溶ける、

喉を熱い何かが通る、

粉砕される表現主義、

あなたとパープルーム。

パープルーム大学

尖端から末端のファンタジア

特設ページはコチラ

2017年12月2日-10日

13:00-19:00

(2日17:00-19:00,10日-17:00)

ギャラリー鳥たちのいえ

鳥取市本町1丁目201ミュトスビル

主催|鳥取大学地域学部付属文化センター

お問い合わせ|tsutsuihiroki115@gmail.com

 

参加作家

 

山本悠

永田康裕

西島大介

久松知子

小池奈緒

彦坂尚嘉

TYM344

藤城嘘

名もなき実昌

皆藤齋

平山昌尚

シエニーチュアン

qp

梅津庸一

しー没

小林椋

フナイタケヒコ

海野林太郎

 

パープルーム予備校生

安藤裕美

智輝

アラン

新入生

 

 

 

 

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得